【ケトルコーンの魅力に迫る】ポップコーンとの違いは!?|Nijiya kit

【ケトルコーンの魅力に迫る】ポップコーンとの違いは!?|Nijiya kit

「ポップコーンじゃなくてケトルコーン?見た目はポップコーンだし、何が違うの?」と、言われてしまう存在の「ケトルコーン」。

日本では、まだまだスポットライトを浴びていない「ケトルコーン」ですが、実は、アメリカでは、子どもから大人まで人気のお菓子なんです。

「ケトルコーン」の味は、日本人が大好きなあまじょっぱい味付けで、やみつきになること間違いなしです。

そこで、今回は「ケトルコーン」の魅力に迫ってみたいと思います。

 

◆ケトルコーンの魅力は味付けだけではない◆

ケトルコーンの「ケトル(Kettle)」は、「やかん」という意味ですが、ケトルコーンは本来、やかんが大きくなったような鋳鉄大鍋と大ヘラを使って、ダイナミックにポップさせて作ることから「ケトルコーン」と言われています。


その魅力は、ダイナミックな作り方だけではなく、鋳鉄鍋で一気に過熱してポップさせるので、ポップコーンのはじけ方がよく、トウモロコシの味が引き立つことにもあります。

そして、使う材料は油、砂糖、塩だけで、味付けが非常にシンプルなのです。

そんなシンプルで素朴な味付けにもかかわらず、トウモロコシ本来の味にあまじょっぱいさが絶妙にマッチして虜になってしまうのです。

◆日本のポップコーンと比べてみてどうか?◆


日本のポップコーンは、映画館で食べるイメージだったり、ギャレットポップコーンさんに代表されるような、ポップコーンにキャラメルやチーズコーティングした味付けで、おしゃれな高級ポップコーンが中心になっています。

ケトルコーンは、そのどちらのカテゴリーでもなく、直火と鉄鍋を使ったハンドメイド(クラフトポップコーン)で、味付けもシンプルにトウモロコシ本来の味を楽しむので、製法や味が異なります。

それだけに、作り立てを食べることが一番のケトルコーンの魅力なのです。

◆アメリカで人気のケトルコーン事情◆


アメリカでは、ケトルコーンとポップコーンは別のおかしとして扱われています。

アメリカは、ファーマーズマーケット文化が根付いていて、ファーマーズマーケットに行くと、フードトラック(キッチンカー)や出店(屋台)が出店しています。

そこにケトルコーン売り場があり、ハンドメイドのケトルコーンを売っているのです。

また、スーパーでも「ケトルコーンKettle Corn」という商品名で、ポップコーンと違うジャンル菓子として売られています。

しかし、本場アメリカでも電子レンジで作るケトルコーンという意味不明な商品(笑)が並んでいたり、単に「ケトルコーン」のイメージだけを使った商品もあります。

それだけ、「ケトルコーン」という名前が国民に親しまれている証拠ですね。

◆日本でのケトルコーンレシピ◆


日本では、あまりに無名な存在で、誰もしらない状況ではありますが(笑)、一度食べたら必ず虜になるのが「ケトルコーン」の魅力(魔力!)です

クックパッドさんでもレシピがありますので、自宅でレシピを見ながら作ることが可能です。一度、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

また、Nijiya kitでは、日本で本場アメリカケトルコーンの味が食べられる「ケトルコーンキット」を発売しています。

アメリカのレシピはそのままに、安全な国産素材だけを使ったケトルコーンが食べられるよう味の再現をしています。

日本でも「ケトルコーン」が注目される時がきっと来るでしょう!!